HS Subject Details

High School Subjects:

Students in Year 10 / Year 11 take the IGCSE examinations of the CAIE.

Students in Year 12 take the International AS levels and Year 13 taken the International A level examinations.

IGCSE Core / Extended Curriculum:

1. 英語

コミュニケーションスキルは読む、書く、話す、聴く、綴る、語彙を通じて伸ばされ、社会科は歴史、地理、公民、経済の視点から紐解きます。生徒は人類、環境についての探究、比較、説明を行い、テーマには相互依存、権利と責任、過去とのつながりが含まれます。またリサーチ、ディスカッション、プロジェクトと多岐にわたる教室活動や、読み聞かせ、ロールプレイ、絵描き、歌やパフォーマンスにより育つ創造的表現力、多様な図書や校外学習、教科書、外部からの講師、演劇、映画などの様々な教材や機会があります。

2. 日本語

日本語は読解力、さまざまな記事の分析、詳細なレポートやエッセイの作成などを推奨しています。

3. 数学

高校生は、数学の基本を学び、問題を解くプロセスを考え、実生活での問題を解決していきます。コンセプトを積み重ね、豊富で独立した思考を促す雰囲気の中でよく理解することが、数学を習得する鍵です。
数学プログラムは、基本スキルと数学的推論の能力と自信を育み、各学年レベルは、図形、関係、機能、幾何学、測定、データ分析、統計、数値感覚、数値計算、代数演算、分析思考、確率および離散数学で結ばれています。数学の道具(電卓、コンピュータ、コンパス、分度器、図形板、ジオボードなど)の操作と使用は、概念の開発にも役立ちます。

4. コーディネートサイエンス(生物学、物理学、化学)

一連のカリキュラムは、生命科学、地球科学、物理学、化学から成っています。実技プログラムは、科学への関心を高め、科学的方法を使用してスキルを開発し、すべての生徒がしっかりとした知識を習得できるように設計されています。

サイエンスコースでは、さまざまな科学トピック、スキル、アイデアを学生に紹介します。学生は、研究、実験、相互活動を通して、いくつかの異なる科学分野を探索する機会を得、この方法がすべての分野に適用されることを理解します。

すべての主要な分野の関連トピックを網羅し、中学校で学んだことをもとに、物理科学とエネルギーの原則について議論を進めます。

ライフサイエンス分野では、生物の構造と機能、遺伝学、進化、生態学の教義を含み、地球のサイクルや環境問題を含む環境科学の話題へと広がり、太陽系の簡単な議論も入ります。生徒は、相互活動、実験、議論、魅力的なテキストや動画を通じて、割り当てられたトピックについて学習します。段階的課題は思考を刺激し、科学分野における将来の関心への道を拓くことでしょう。

生徒は、健全な意思決定、問題解決、目標設定、効果的なコミュニケーションでスキルを発揮するとともに、危険な行動を察知し、仲間との競争意識をコントロールし、個人や地域の健康を改善する戦略を開発するために必要なスキルを身につけます。また自分の健康に関する様々な影響や、精神、肉体、社会、環境衛生の間に生じる相互関係を理解するでしょう。

5. 社会学(歴史または地理)

西洋とそれ以外の古代文明の幕開けをもたらした人々や出来事を学び、歴史、公民、政治、地理学、経済学、個人、社会、文化の理解を深めていきます。

地理学は人間の物語の発展において特別な意味を持ち、生徒達は当時の様々な文化の歴史、文化、市民権、経済、宗教、政府について学び、文明を探求し、数学、科学、技術、日常学習におけるクリティカルシンキングの方法を学び活用します。また様々な文化間の相互作用を分析し、これまでの貢献と現代と古代の世界とのつながりを学びます。

世界史、地形と地理、金銭と経済、政治学、社会学、人類学を学び、実践的な個人指導やこの歴史を生きる活気との相互作用を通じ、最先端の電子地図ツールを使ってそれぞれの特徴を調べながら、世界の文化を学び理解するために必要なスキルを身に付けます。ヨーロッパでの革命、産業革命、ナショナリズムと帝国主義、そして第一次・二次世界大戦、植民地時代のインドの驚異、平和維持と政治的勢力としての国連、ベトナム戦争の政治、中東の過去と現在の問題についての情報、近代アフリカの歴史を理解し、最後に情報と宇宙時代の幕開けで終わります。

Optional Subjects:

6. 体育

健康に関わる体調の構成、ダンス、健康的な人生のあり方について紹介され、健康で活発な生活を送るための本質的な原則を学びます。科学、社会学、数学、英語のコンテンツ分野が体育に関わり、日常生活に適応することを学びます。運動療法もカリキュラムの一部です。受験は選択科目となっています。

7. ICT(情報通信技術

IT(情報技術)は、カリキュラムに技術を容易に統合できるようにします。例えば、言語芸術、社会科、地理、歴史、演劇、視覚芸術などの科目のスキルを適用し、課題は教師の裁量で決まり、地理的位置、重要な人物、または概念など、学習されたテーマに絞り込むことができます。プログラミングやその他のスキルが関わる事もあります。

8. 外国語としての中国語(マンダリン)

中国語の初級に続く集中コースワーク。

9. 芸術:(音楽、ドラマ、絵画、デッサン、写真、彫刻)
Assessment options:

当校の生徒は、ケンブリッジインターナショナルのASとAレベルの資格取得のために様々な試験を選択することができます。

#1ケンブリッジ・インターナショナルのASレベルのみ取得してください。授業計画の内容はAレベルの半分です。

#2「段階的」評価ルートを取り、ASレベルを一度で受験し、その後のシリーズで最終的なケンブリッジ・インターナショナルAレベルを修了します。 ASレベルの結果は、13ヶ月以内に2回Aレベルに引き継ぐことができます。

#3コース終了時に、同じ試験でケンブリッジ・インターナショナルAレベルコースのすべての試験を受験してください。

ケンブリッジインターナショナルASとAレベルの試験は、年2回6月と11月に行われます。受験者の結果は8月と1月に発表されます。この試験はA *(最高)からE(最低限必要なレベル)までの段階で評価されます。

カリキュラムの詳細については、下記のリンクをご参照ください。

www.cambridgeinternational.org/programmes-and-qualifications/cambridge-advanced/cambridge-international-as-and-a-levels/subjects/

当校はSTEMの科目を教えることに特化しています。科目は生徒の必要に応じて提供されます。

受験者の体験談は、下記リンクをご覧ください。

www.cambridgeinternational.org/Images/84601-cambridge-aice-student-testimonial-us.pdf

他のすべての詳細については、学校までお問い合わせください。

教師は模範となる役割を果たしながら、仲間と協力し、彼らの特別な興味と才能を引き出します。私たちはこれを実現させるための皆様のご協力を期待していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

This post is also available in: 英語