Why Lais_ja

基盤

歴史上の研究や文献・社会学そして科学は、人類に多くの知識と成功をもたらしています。それぞれの世代が経験してきたことは、多くの知識を蓄え、技術の進歩へとつながっています。そして時を越えて人間関係を増幅させてきました。21世紀にはいって様々な土壌で発展してきた科学、商業、ビジネスなどは、それぞれ大きな発展を遂げてきました。我々は、いま人類史上、新しいコミュニケーションの方法を利用して、世界中が身近に感じられるようになったを目の当たりにするようになりました。このような環境の変化の中で、教育の中身や進め方も、古きを知って新しい教育方法を見出さなくてはならないと感じています。そして未来に向かって進んでいく必要があると思います。

我校では、これらのことを、いままで通りこれからも続けていきます。

2001年頃我校が発足する前に、2歳児をターゲットに当校のカリキュラムを作りました。カリキュラムはこれを基に、当時の日本の市場を十分に考慮して、設立場所や授業内容などを作り上げてきました。開校にあたっては、個々の生徒にあった教育が行えるようにさらに磨きを加え、我校ならではの教育方法を確立しました。

リトルエンジェルスの教育について

大人も子どもも同じだと思いますが、教育とは生涯を通じて学ぶことだと思います。我々は、学校で学ぶ重要性も理解しています。ゆえに学ぶことは、生徒、保護者、学科、学校運営、学校管理など全ての面で重要だと確信しています。我校に関わる全ての人は生涯学習者なのです。そして学校は子どもたちを教育するために学び、成長していくために日頃より力を注いでいます。我校では子どもを教育するために、常に子ども中心に考え、世界中の子どもや社会に関わりながら行動していくことを目指しています。

我校の教育目標:

  • 学ぶために知ること:  生徒は、探し方、考え方、並べ方、解釈の仕方、物事を関連付ける方法を学びます。
  • 学ぶためにすること:  生徒は、自分を成長させるために変化と多様性を理解し、学びます。
  • 生き方をしること:   生徒は、それぞれの役割と様々な方法で沢山のひととの関わり方を学びます。
  • 自分の在り方をしること: 生徒は、上記の学ぶことにより、思い出、存在理由、美的感覚、運動能力、コミュニケーションスキルを駆使して、未来の自分を築いていきます。

我校では、目標を達成するため、全ての生徒に有意義な学習体験を提供していきます。その学習体験には生徒の持つ興味や既に持っている知識がベースになっていきます。生徒の成長を促すために、新しい力を身に付け、世界について様々なことを理解する必要があります。そうすることで、充実した生活が送れることでしょう。

学校の基本方針

リトルエンジェルスインターナショナルスクールは、希望に満ち、生涯学習をしようとする生徒を育てるために、多面的かつ国際的な教育を提供する教育機関です。

学校の役割

  • 一生涯学習する人になるための基礎を築きます。
  • 年齢に関係なく、自分で物事を解決できる独立した社会人になる手助け。
  • バランスの取れたすばらしい学習体験を良心的な学費で実現。

信念

子供たちは皆、独自の個性を持ち、それぞれに独特な学び方があると私たちは確信します。

教育哲学
  • 自由な発想を尊重する。
  • 自信を持たせる。
  • 家庭的な教育。
  • 創造性を伸ばす。

教育方法

  • 真の教育上の基礎を築く。
  • 創造力、思考力、向上心を養う。
  • 家族的な指導。

教育体制

  • 英語を母国語としない子供への英語集中指導法を採用。
  • シンプルな日課を習慣づける。
  • リラックスし、楽しさに満ちた学習体験を提供。
  • プロジェクトをベースにした教育手法 (インターナショナル小学生、中学生と高校生対象)

カリキュラム(教育課程)

我校のカリキュラムは、様々な学習目標を効果的に組み立て、他では見られない授業を提供しています。子どもたちは、知識とヒューマンスキルを身につけることができます。

リトルエンジェルスのカリキュラム:

  • 子供たちは五感を駆使して、様々な教育を受けることで、多くの言葉を身に付け、書くだけでなくコミュニケーションも上達することでしょう。
  • 社会、文化、経済的側面を通して、学習するための手段や方法を学びます。
Balanced--curriculum

バランスカリキュラム

楽しみながら学ぶことができます。色々な科目を関連付けて勉強することで、ますます理解を深めることができます。

教授法

  • 子どもたちには人を思う心を教えます
  • 子どもたちが彼らの想像力や創造力を駆使して、好奇心と学習する意欲を駆り立てるように促します。
  • 子どもたちにとって、言葉は人と人を理解するために大変重要なものであることに気づかせます。
  • 子どもたちが自分自身に自信をもって生きていくために、色々な経験をさせていきます。
  • 子どもたちが、他人を思い、お互いを尊敬できるように育てていきます。
  • 子どもたちが、様々な経験を通して、学んで行くことを約束します。

学ぶためには、多くの試練を乗り越える必要があります。経験をしながら学んで行くことこそ、学校でしかできないことです。学校では、普段の授業だけでは足りない子どもには、課外授業を行う場合があります(別途費用がかかる場合もあります)。

毎日の授業は科目ごとに十分検討された内容で、楽しく学べるように構成されています。学習環境は、好奇心旺盛な心を育むために用意されています。書籍、音楽、ゲーム、マルチメディアを利用した教材などを世界中から取り寄せ、小さいうちから理解しやすく吸収しやすいように考えられています。子どもたちは小さいうちから学んで行くことによって、知識を深めています。自己表現、独自の意見や創造を通して、成長していくことが大事なのです。

教育目標は、ハニカム構造にあり
Untitled-1

上図に示した通り、六角形の集合体で書かれた教育の基礎構造こそが、我校が提唱する教育方針です。つまり、我校の使命であり、価値であり、哲学であり、教育をしていくための骨格すべてが含まれています。

This post is also available in: 英語