List of Subjects

英語が教育手段です。生徒は幅広い言語学習手法で学びます。読み、書き、会話だけでなくいろいろなオーディオ教材を使い世界各地の異なったアクセントも紹介します。
英語学習初心者には、年齢相応レベルまで引き上げる個別指導をおこないます。



日本語の教科(国語)は、文部科学省の学習指導要領に沿って正規教科書を用い指導している。流暢に読み,書き、会話が出来、日本語のニュアンスまでも理解している。生徒は言語と文化の真価を認めている。これは語学習得の重要な一面である。

中国語: 中国を経済超大国の出現と捉え、基本的な中国語の語彙、書き、およびコミュニケーション技能を学ぶ。

算数はインドのハイレベルカリキュラムを採用。日本のそろばんは、数学的技能を習得する為の学習手法の一つです。学習は、生徒が各概念を理解して、現実の状況にそれを適用するのを助けるために実践活動を通して活性されます。多くの数学的ツール、ゲーム、学習方法を使用します。 暗算もこれらの一つです。

理科: 実験と調査を通して学習されます。実体験を駆使する事で様々な現象をより深く理解する事が出来ます。カリキュラム内容は理科のあらゆる領域をカバーし熟考されています。 それらは自然科学、物理化学を含みます。


日本、および他国について文化と歴史、地理を学習します。英語による授業を行いますが、日本の歴史、地理を学習する際には日本語による指導も行います。身近な環境と、世界中の人々が直面している課題も学びます。 目標は、生徒達が社会における役割と世界平和への貢献を理解し、貧困を根絶することです。

体育は、文部科学省の学習指導要領に沿って指導しています。それ以外にも、テニス、サッカー、クリケット、野球、水泳、バスケット、スキー、マラソンなどを取り入れています。卒業時には、これらのスポーツがルールに従って競技できるようになります。

武蔵野市営グラウンドやプール、テニスコートなど公共施設も利用しています。室内器械体操は校内で行います。体育の授業以外にも朝会では、エアロビクス、ストレッチ、ヨガ等を実施しています。

図画工作は、個々の創造力の表現手段としても用いられています。描画、素描、彩色や様々な塗料を使った描き方を学びます。粘土やいろいろな材料を使った工作、彫刻なども行います。日本の毛筆習字は1年生から習います。近代、現代美術や芸術家についても学びます。

勉学に対する意欲を増加させる事でバランスの良い生活習慣を身につけます。小学校では、健康が理科と社会に結び付いてます。自分の健康管理と体を大切にする重要性が重視されています。

健康管理と栄養摂取、病気の防止、清潔感、運動、価値観、生き物を尊敬する事、コミュニケーションスキルの向上、我慢と忍耐等を主に学びます。

IT: 6年生終了時には、キーボード操作は勿論、 コンピュータ操作能力にたけ、ワード、エクセルの他に、パワーポイントを使ったプレゼンテーション能力を身に着けます。

音楽: 文部科学省の学習指導要領に沿って指導されます。様々な楽器の演奏技術を身につけます。歌曲は英語、日本語ともに指導します。

ロボット工学の事業ではで生徒が、数学と理科の勉強よりもその結果を元に学ぶことです。生徒はロボットのコンセプトの理解と様々な人間関係も学ぶでしょう。

日本語ではアバカスを“そろばん”と呼びます。 最近の研究によると、そろばん学習はいくつかの重要な結果を導き出しています。

数的記憶力の向上: そろばん学習経験者は未経験者に比べ、単に記憶力が優れているだけではなく、桁数の多い数字でさえも記憶出来る事が明らかになっています。

空間配置能力の向上: 他の研究データでも、そろばん学習経験者のパターン認識力向上が認められています。

数学能力の強化:そろばん学習経験者は、迅速かつ正確な大きさ比較能力(0.35、11、7.45、0.89、9.11など)そして、分数においても(付帯結果的に)、驚異的な発達が実証されています。

右脳の強化: 研究により、そろばんの使用は右脳を刺激し、表現力、想像力の発達にも不可欠であることが証明されています。

1年生は2日間のホームステイを行う。4、5年生はインドの有名私立インターナショナルスクールへ2週間の交換留学を行う。インド人家庭にホームステイし英語でのコミュニケーションや文化に浸る。様々な職業人をお招きし、お話を伺うことにより生徒の好奇心を満たす。中学生はオーストラリア、カナダへ、高校生はアメリカへの交換留学を行う。

IE01
IE02IE03

ヨガによる学習に重要な改善点を以下に示します。

体:

  • 全体的な健康
  • 増加強度と柔軟性
  • ボディイメージ

マインド:

  • 実行機能
  • 濃度と注目のスキル
  • 感覚統合

感情:

  • 感情的な規制
  • 自信
  • 増加回復力

社会:

  • 思いやり&共感
  • コミュニケーションスキル
  • リーダーシップスキル
  • コミュニティの大感
Please note the following:
学問教科に付いて
日本語は専門の免許を持った教師から教える方針です。日本語のテキストは市内の教育委員会の推薦図書を使用つもりです。
日本歴史は社会主題領域で含まれています。
日本歴史と日本文化は英語と日本語で教える方針です。
他の学問教科は英語で教える方針です。
*他の言語はオプションです。

This post is also available in: 英語